忍者ブログ
[28] [27] [26] [25] [24] [23]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久々の更新

ここのところ、忙しくて更新できず、楽しみにしていた方は申し訳ありませんでした。

 

さて、そんなこんなでもうすぐ11月ですね

トラックでは主要な大会は終わり、あとは記録会、駅伝くらいでしょうか。

この時期から、毎年のように話題に出てくるのが冬季練習。

または冬の走り込み。この冬走りこめば、来年の春には記録が伸びる!

 

なんか似たようなフレーズ聞いたことありませんか。

そう夏の走り込み、この夏乗り越えれば秋には記録が伸びる!

 

ま、それはさておき、今回はなぜ冬季練習を行うのか考えてみたいと思います。

まずは、冬季練習についてよく言われることについて

 

1.この冬走りこめば、来年の記録が伸びる。

これについては当然でしょう。だいだいの記録会が12月上旬に終わり、34月から始まるので約34か月空いている。極端に目的に沿っていないということがなく、まじめにトレーニングをしている限り、人間は何らかの形で良い方へと変化していく。また、ケガがなければ順調に伸びるはず。ということで、記録は伸びる。つまり、当たり前の話。

走り込みについては、過去の記事を読んでいる方は少し考えてみればわかることかと思います。一言で言うと目的に沿った適切なトレーニングをということです。

 

2.スピードトレーニングを減らして、長い距離を走る。

たとえば、中距離の人にハーフの距離を走れるようになるため、その分、中距離として必要な強度のトレーニングを減らして、長い距離を走る。

たしかに、長い距離を走ることによってそのトレーニング効果によって得られることもあります。しかし、中距離として必要な強度を下げて、頻度を減らすまでして行うべきことか、再考してみてはどうでしょうか。

チーム事情によっては、そうせざるを得ないところもありますが、工夫していくことは必要だと思います。

 

また、スピードトレーニングをやらないのは故障するからとか、寒くて体がうごかないからとも言います。故障する危険性としては年中ありますし、たとえばずっと長い期間スピード出さないで急にスピード出した方が故障しそうな気もします。

寒くて動かないというなら、冬でも暖かい日はあるはず。それこそ、昼間とか。また、最近は防寒仕様のものも質がよくなってきているので、筋肉が温まった状態でトレーニングすることはできます。短距離ではないので、MAXの練習はしなくてもよいのです(する必要はありますが、短距離ほどではない。)中長距離として、LTOBLA以上のトレーニングをすれば速筋を使った練習は十分可能。

人によっては、昼間は難しいという方もいらっしゃるでしょう。しかし、休日の日にやるとか、上に挙げたこととかで工夫すれば、スピードトレーニングをすることは可能なのです。

以上の事から、スピードトレーニングを減らすことはしなくともよいのです。

 

3.身体づくりの期間・フォームの見直し

この時期だけ、サーキットとかウエイトをやりたがるところもある。

大会とかある時期になぜやらないの?記録を狙うから?時間がないから?じゃあ、駅伝はどういう位置づけ?駅伝が目標の人もいる。

フォームの見直し、この時期にやるといえば、逆に自分のことに無関心ともいえるのでは。

これについては、定期的に行った方が長期的には良いのでしょうが、人によっては難しい方もいるが。

 

他にも細かい所まで突き詰めればまだまだありますが、大雑把にするとこんなところでしょうか。

要するに言いたいことは、冬季練習だからといって特別なことをする必要はない。大会や、駅伝がなくとも、レースペースでやるトレーニングは必要ですし、目的への適切な範囲内であればある程度の+αをつけてもよい。

一番やってはいけないのは、特別感を出しすぎて故障してしまうことですね。

 

ほとんど走り書きのようなものですので、所々おかしいところがあるかもしれませんがご了承ください。
読んでくださった方、今回は駄文でしたが最後まで読んでいただきありがとうございました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
無題
非常に興味深い。日本の長距離界は昔からの慣習が多すぎて効率的なトレーニングが出来ていないように感じる。本当に必要なものを考え、殻を打ち破らないと長距離界の発展はない気がする。
NONAME 2013/12/06(Fri) 編集
Re:無題
NONAME様
コメントしていただき、ありがとうございます。
日本の長距離界はこのままではいけないと、多くの方は思っていると思います。
ただ、置かれている環境等の条件で、今ある現状を打破できないだけに思います。とくにしがらみがありそうなところでは(あくまで想像ですが)。
最近は、海外から積極的に学ぶ選手や若い指導者も少しずつですが増えているように思いますので、これからに期待したいところです。
 【2013/12/16】
無題
遅えwww もう読者いないんじゃないか?
でも私は読ませてもらいますよ。記事の内容に同意ですね。ようするに、冬季のスピードとれは面倒くさいだけなんだと思います。体暖めるの面倒だし、すぐ体冷えるから脱いだり着たりも面倒。私なんかは高校時代、冬季でも普通にTTとかしてましたけどね。正直、一年中スピード入れていいと思いますね。ラガトみたいに一月以上休む人もいますけど。また次回を気長に待ってます。
でわでわ
NONAME 2013/11/04(Mon) 編集
Re:無題
NNAME様
今年度になってから、あまり更新していないこのブログ読んでいただき、ありがとうございます。

そうですね、その面倒くささをちょっと工夫するだけで、良い練習へとできると思うのに、もったいないと思います。
TTなり、スピードなり1年中必要ですよね。ただ、違いは強度、量の部分を調整するだけで。

次回はいつかわかりませんが、気長にお待ちくださるようお願いします。
 【2013/12/16】
プロフィール
HN:
やぎ
性別:
非公開
自己紹介:
陸上歴10年目のものがこれまでの経験、知識に加えて学会などの情報をまとめたものを陸上理論としてメモしておくブログです。
この世には常識とされていたものは非常識、また非常識とされていたものは常識となっています。それも含めいろいろ考察していくつもり

陸上生活に関する日記はリンクにあります。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/06 NONAME]
[11/04 NONAME]
[07/22 金丸系女子]
[07/02 、]
[05/27 800]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 陸上理論メモ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]